妊娠中ですが、歯が痛いんです。治療できますか?

Pregnant woman

妊婦さんでも治療できることはあります。

箕面市の一般歯科と矯正歯科が一つの医院でできる ますの歯科・矯正歯科です。

現在、私の周りではおめでたいことに妊娠、出産ラッシュでたくさんの幸せをお裾分けしてもらっています。

赤ちゃんは、そこにいてくれるだけで、周りを笑顔にしますね。赤ちゃんの、何とも言えないミルクの匂い、大好きです。

妊婦さんには口腔ケアを受けていただきたいです。

私は3人の子の母ですが、一人目の時に、妊娠中毒症になりました。

突然、むくみが出て、30周で緊急入院をしました。

妊娠中の身体に何が起こるかは誰にもわからないですね。初めてのことばかりで本当に不安だったのを思い出します。

多くの妊婦さんが、歯科治療を不安に感じると思いますが、妊娠中であっても歯科治療することが可能なこともありますので、今回は妊婦さんのお口の中についてのお話をしていきますね。

昔は「一子を得ると一歯を失う」と言われたこともあり、今でも、「妊娠すると歯周病になりやすい」「出産すると歯が悪くなる」という話聞いたことがあると思います。

妊娠中は女性ホルモンが急激に増加することによって歯周病の原因であるバイ菌が増殖しやすくなったり、悪阻による食嗜好の変化や悪阻による嘔吐反射によってハミガキが困難になってしまったり、

食事回数の増加などにより、歯周病や虫歯になりやすくなります。

妊娠中に歯科治療をしなくて済むようにしたいですね。

妊娠中は歯周病や虫歯になりやすくなる上、初期症状の場合ではご自身で気づくことは難しく、お母さんはもちろんですがお腹の中の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性がありますので、

妊娠中は歯科検診や可能な歯科治療、定期的なメインテナンス受けていただきたいです。

妊娠初期には悪阻で気分が悪くなる時期であり、妊娠後期になるとお腹も大きくなり診療チェアーに横になることを辛く感じる方もいらっしゃいますので、歯科治療は安定期に行うことが良いと思います。

妊娠初期は、様々な影響を受けやすいため、歯の痛みや歯肉の腫れなどの急性症状がある場合は応急処置のみを行い、本格的な治療は安定期に入ってからしてもらいましょう。

悪阻がひどくハミガキをすることが困難な方は、できるだけ気分の良い時にブラッシングをおこなってみてくださいね。

磨けない時は食事の後などに、お口をゆすぐだけでもいいです。

例えば、歯ブラシのヘッドを小さなものにかえてみたり、顔を下に向け前かがみ気味で磨いてみたり、好きなフレーバーのハミガキ粉にしたり、あるいは、歯磨き粉なしでもいいです。

妊娠中期の安定期であれば胎児が胎盤により安定するため、ほとんどの歯科治療は問題ないと考えられています。

妊娠中に、レントゲン撮影をすると放射線による被曝がお腹の赤ちゃんに影響するのではないかと不安になる方も多いかと思いますが、歯科で使用されるX線撮影は腹部から離れており、

お腹の赤ちゃんへの放射線の影響は少ないと考えられています。防護エプロンもしますし、レントゲンを撮影した方が正確な診断ができます。

歯科治療で使用する局所麻酔は部分的に効果があるものなので通常量であればお腹の赤ちゃんに麻酔薬が届くことはなく、母子共に危険性がないことが報告されています。

治療後に投薬が必要な場合がありますが、抗生物質であればセフェム系やペニシリン系、鎮痛剤であればカロナールやアセトアミノフェンが安全であると報告されています。

妊娠後期は、お腹が大きく診療チェアーで仰向けになるのも大変ですし、治療は応急処置に留めておき、出産後に治療をおすすめします。

現在では歯周病が早産や低体重児出産と関連があると報告されていますので、妊娠中でもきちんとケアすることが必要です。

それでも。。。出産経験の私からすると、、、、、妊娠中は、ささいなことでも、気になるものですので、できるだけ歯科治療をしなくて済むように、普段から口腔ケアを心がけてくださるのが大切ですね。

不安なこと、心配なことがございましたら、お気軽にますの歯科・矯正歯科のスタッフにお尋ねください。

出産経験のあるスタッフが、やさしく対応させていただきます。(*^▽^*)

沢山の笑顔に会えますように。

関連記事

  1. のどが乾いたら何を飲んだらいいの?危険な飲み物ってあります?…

  2. こどもの歯に隙間がありますが、大丈夫ですか?

  3. 誰にでもできるお口の体操。あいうべ体操やってみましょう!

  4. えっ?メインテナンスの後、大人もフッ素塗布するのですか?

  5. swiminng

    走ってる時って、口で息してるの?!

  6. どうして子供のころから矯正しないといけないの?

院長ブログ

  1. 箕面市のますの歯科・矯正歯科インプラント
  2. 2022トラ
  3. 歯みがきの大切さ
  4. 箕面市 ますの歯科・矯正歯科子どもの笑顔