矯正中って、ご飯を食べる時、痛いんですか?

固い食べ物

痛いことがあります。

箕面市の一般歯科と矯正歯科が一つの医院でできるますの歯科・矯正歯科です。

矯正装置をつけてはじめての食事の時、あまりの痛さに、ご飯が噛めないことがあります。

また、ワイヤーを取り換えたときにも、歯の痛みを感じることがあります。

歯の痛みを感じるのは、歯が動いている証拠なので、安心してくださいね。

また、歯が痛くて、ご飯が食べられずに不安になるかもしれませんが、装置をつけたりワイヤーを取り換えてから2~3日がピークで、約1週間ぐらいで落ち着いていきます。

この場合にどのような食べ物が食べやすいのか、注意しなければならない食べ物などをご紹介しておきますね。

私は、矯正治療中、歯が痛いとき、お豆腐、ヨーグルト、コーンスープとかを食べていました。

水分が多く含まれるものは食べやすいので、水分の少ないもは、飲みものと併用してみて下さい。

おかゆや、ポタージュスープなどのようにすでにすりつぶしてあるものや、簡単に舌ですりつぶせるものもおすすめですね。

当院の患者さんに伺ってみると、おかゆ、ゼリー、お茶漬け、アイスクリーム、などが食べやすいらしいです。

矯正治療中、食べにくいものもあります。

例えば、ナッツ類は噛むと痛いですし、矯正装置の間にはさまりやすいです。おせんべいなどは、硬くて噛みにくいので、召しあがるときは、あらかじめ小口に割って食べ

るようにしてくださいね。菜っ葉類も、かみ切りにくくなりますので、細かく切って食べてください。私は、フランスパンなども、硬いし、噛むと粘り気が出て食べにくか

ったです。

矯正治療中は食べ物も気を付けていただきたいのですが、歯磨きもいつも以上に気を付けていただきたいです。

こまめに磨かないと、矯正装置の隙間に食べ残しが溜まっていき、虫歯になりやすいからです。

もし、虫歯になったら、矯正装置を外して、治療になります。治療が遅れてしまいますね。

虫歯にならないためにも、矯正中は食後必ず歯を磨くようにしましょう。

学校や職場で磨きにくいときは、帰宅後、食事前でも、一度歯を磨くようにしていただくと汚れが付きにくいです。

また、寝ているときに細菌が繁殖するので、夜寝る前は必ず磨くようにしましょう。

歯磨きプラス、虫歯予防対策として、フッ素剤やマウスウォッシュ液などで歯をコーティングしましょう。

フッ素剤やマウスウォッシュは歯自身を強くし、歯の汚れもつきにくくなり虫歯や歯周病予防に効果があります。

歯並びやお口のことで気になることがありましたら、ますの歯科・矯正歯科に一度ご相談ください。

優しいスタッフが親身になってお話をお伺いいたします。

関連記事

  1. 箕面市のますの歯科でむし歯治療

    矯正治療中にむし歯になったら どうするのですか?

  2. どうして子供のころから矯正しないといけないの?

  3. お口が からっからです。どうしたらいいですか?

  4. オーラルフレイルって何ですか?

  5. 箕面市の歯医者 歯が欠けた

    歯が欠けました!自然に治りますか?

  6. 歯を白くして 歯っぴーになりましょう💕

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

院長ブログ

  1. 箕面市歯医者 むし歯ゼロ
  2. 箕面市のますの歯科でむし歯治療
  3. 箕面市の歯医者 歯が欠けた
  4. 箕面市のますの歯科・矯正歯科+KIDS