どうして子供のころから矯正しないといけないの?

子どもの歯並びがきになられたら、小学1年、2年生の間に矯正をはじめられるのをおすすめします。

箕面市の一般歯科と矯正歯科が一つでできる ますの歯科・矯正歯科です。

どうして、子供のころから矯正した方がよいでしょう。

歯並びをなおすということは、何らかの方法で、歯を動かすということになります。

とすると、やっぱり、泣くほど痛いわけではありませんが、まったく痛くない、違和感がないというわけではありません。

私の子供は3人とも、子供の矯正をしました。(今、大学生と中学生です)

小学生の当時は子供も従順⁇でしたので ”嫌だ”とか ”痛い”とか” やめたい”とかいったことはありませんでした。

しかし、今聞いてみると、当時は、痛かった、がまんしてた、気持ち悪い時もあったと教えてくれました。

ですから、矯正を受ける子どもさんも、ご家族も、「ちょっぴり頑張らなくてはいけない」ということなんです。

ちょっぴり頑張らなくてはいけないのに、どうして、子供のころから矯正した方がよいでしょう。

その理由の一つは、歯並びが悪いことがコンプレックスになる。からです。

歯並びが悪いと、見た目が悪いだけでなく、話し方がおかしかったり、お口で呼吸したりして、

口元や話し方が気になって人と接するのが苦手になったりします。

矯正することで、子どものこの大切な時に、笑顔や自分自身に自信をもって過ごしてほしいですよね。

2つ目の理由は、見た目にくわえて、呼吸、姿勢、発音、栄養など体の健康にも関係してくるからです。

歯並びが悪いと、上手に鼻呼吸ができす口呼吸になってしまうことがあります。

特にマスク生活をしていると、知らず知らずのうちに口呼吸になっています。

さらに歯並びが悪くお口があいていると口呼吸が助長され、お口が乾燥し、ばい菌も繁殖しやすいので、風邪をひきやすかったり、虫歯になったり、歯肉炎になったりします。

歯並びが悪いと、姿勢も悪くなります。

噛み合わせが上手く噛めず、顎のいがみが首や背中を丸めてしまうことになったりします。

歯並びが悪いと、発音が悪くなります。

出っ歯の子はた行が、受け口の子はさ行や英語のTHなどが、舌を使った発音などもしにくいことがあります。

最近は小学生のころから授業に英語があり、国語だけでなく音読の機会も多いですものね(*_*)

歯並びが悪いと栄養がうまくとれません。

噛みにくい食材があると、子供は食べなかったり、よけてしまったりしてしまいますよね。

よく噛むことは頭の血流を良くするにもとても良いと思います。

子どもさんの歯並びが気になられましたら、ますの歯科・矯正歯科に一度ご相談ください。

やさしいスタッフがお話をお伺いいたします。

関連記事

  1. こどもの笑顔 箕面市の歯医者

    こどもが受け口なのですが、自然になおりますか?

  2. 入れ歯

    大人の歯が一本抜けちゃいました。そのままではだめですか⁈

  3. 夏の水遊び 矯正するこども

    こどもの歯並びが気になります。矯正必要ですか?

  4. ダイアグノデントペン

    出産後はいつから歯科治療できますか?

  5. スポーツ用マウスガード

  6. 野球

    アスリートも歯が命?スポーツするなら歯の健康に注意しましょう…

院長ブログ

  1. マウスピース
  2. 夏の水遊び 矯正するこども
  3. 噛む
  4. 口腔乾燥症
  5. こどもの笑顔 箕面市の歯医者