白い詰め物って、一生ものですか?

残念ながら、一生ものの詰め物はありません。

箕面市の一般歯科と矯正歯科が一つの医院でできる ますの歯科・矯正歯科です。

詰め物やかぶせ物は人工物です。
お口の中で熱や唾液、酸や、いろいろなものにさらされて使われます。
もちろん、長きにわたり、使っていただけるようにお作りしています。
さらに、加齢とともに、使っていくごとに、どのような変化があるか?技工士と共に考えながら、お作りもしています。
しかし、人工物である以上、壊れてり、はがれたりしてしまいます。

今回は白い詰め物 「セラミック治療」について、お話したいと思います。
セラミック治療とは、虫歯などで失った歯質を天然歯に似た色調・質感のセラミックで補う治療法です。
セラミックは、陶材(お茶碗と一緒ですね)でできているため、自然な歯の色に近く、審美性、耐久性や機能性に優れています。
表面がツルツルとしているため、プラーク(歯垢)が引っ付きにくいので、
二次的な虫歯の再発や歯周病の予防にも繋がります。
そして、金属と違いアレルギー反応を起こしにくいです。

しかし、残念ながら上記のようなメリットだけではなく、デメリットもあります。
それは、強い衝撃に弱く割れることがあることと、保険適応外の治療になることです。

虫歯などで歯を削った場合、最終的には失ったところに何かを詰めたり被せなければなりませんね。

たとえば、保険適応内の材料では、金属やレジン(プラスチック)の素材になります。
保険の材料が悪いわけではありませんが、プラスチック製は変色しやすく、脆くなりやすいため、審美性や耐久性に満足いただけない場合があります。
また、保険では作成時の型どりや、くっつけるときに使える材料の制約があります。

反対に、セラミック材料は劣化や変色がほとんどないので、とても安定した材料です。一昔前は、よく割れたりすることもありましたが、現在はe-max(ガラス製)、ジルコニア(人工ダイヤモンド製)といった割れにくい材料を含んだセラミック治療を当院では行っております。型どりはシリコンで精密に型どりし、くっつける材料も化学的に固まるだけでなく光照射で固まる材料を使用しています。

セラミック治療は、金属アレルギーが心配な方や歯を白くキレイにされたい方、歯の寿命を少しでも長くしたい方にお勧めさせていただいております。

ご興味がある方は是非、一度、ご相談ください。お待ちしております。
白い口元は自信が出ますね。

関連記事

  1. オーラルフレイルって何ですか?

  2. マウスウオッシュで歯ぐきの腫れはなおりますか?

  3. お口が からっからです。どうしたらいいですか?

  4. 入れ歯があわず、バネのかかっている歯が動いて痛いです。痛みは…

  5. インプラントって怖くないんですか?

  6. 口呼吸してませんか?

院長ブログ

  1. ますの歯科・矯正歯科