ドライマウスって何ですか?

口腔乾燥症

口腔乾燥症のことです。

箕面市の一般歯科と矯正歯科が一つの医院でできる ますの歯科・矯正歯科です。

連日、厳しい暑さが続いています。暑さや、クーラーのために、体調を崩されている方が多いですね。

十分な休養とこまめな水分補給をしてくださいね。

クーラーや除湿を入れていると、お部屋が乾燥し、お口も、目も、お肌もからっからになってきます。

お口が乾燥することを、ドライマウスといいます。

ドライマウスは、お部屋の乾燥だけでなく、糖尿病、腎臓病などの全身疾患、薬の副作用、口呼吸、喫煙、唾液腺の病気、精神的ストレス、神経障害などが原因で起こります。

このような症状はありませんか?

*食事中頻繁に水が飲みたくなる。

*口がカラカラ・ネバネバする。

*舌が乾いてヒビ割れることがある。

*味覚がかわった気がする。

*口が乾いて話ずらい。

*口が乾いて食べずらい。

*口臭がひどくなった気がする。

*虫歯が増えた。

*夜中に水が飲みたくなって目が覚める。

このような症状があればドライマウスを疑います。

本来、虫歯や、歯周病は、ブラッシングが不十分で磨き残しがある場合におこりますが、ドライマウスになり口の中が乾燥することでもおこります。

さらに、口臭の原因ともなります。

ドライマウスの治療方法は、粘膜の保湿が一番です。

他に、口腔ケア用のジェルを口の中の頬に塗ったり、唾液腺をマッサージしたり、唾液促進剤を服用したり、歯科治療を受けたりがあります。

ドライマウスにならないためには。。。

1口腔内の環境を整えましょう。                   お食事の後は十分なブラッシングを心がけ、喫煙も控えましょう。

2よく噛みましょう。                        かむ回数が少なくなってきています。沢山噛むと唾液もたくさん出ます。
 
3十分な休息をこころがけましょう。                 ストレスが大きいと唾液が出にくいです。十分な睡眠をとるように心がけ、気分転換をしてみましょう。

4内科の先生と相談し薬を変更したり、減らしてもらいましょう。    同じ効果のあるお口が乾燥しないお薬はあると思います。担当医の先生に相談してみてくださいね。

ドライマウスかな?と思ったら、単なる口の渇きと思わないで、ますの歯科・矯正歯科にご相談くださいね。

やさしいスタッフがお話をお伺いいたします。

関連記事

  1. お口ぽかん 箕面市の歯医者

    こどもがお口をぽかんと開けてテレビを見てます。治りますか?

  2. 子ども笑顔

    フッ素で、虫歯って予防できますか?

  3. えっ?メインテナンスの後、大人もフッ素塗布するのですか?

  4. ナイトガード

    朝起きると、あごが痛いんです。なぜですか?

  5. 野球

    アスリートも歯が命?スポーツするなら歯の健康に注意しましょう…

  6. 誰にでもできるお口の体操。あいうべ体操やってみましょう!

院長ブログ

  1. 夏の水遊び 矯正するこども
  2. 噛む
  3. 口腔乾燥症
  4. こどもの笑顔 箕面市の歯医者
  5. 甘いもの 箕面市ますの歯科・矯正歯科