こどもの歯並びが気になります。矯正必要ですか?

夏の水遊び 矯正するこども

矯正が必要な子供さんは多くなってきています。

箕面市の一般歯科と矯正歯科が一つの医院んでできるますの歯科・矯正歯科です。

6月に今年は小学校の健診300人と3歳児健診50人に行きました。

最近の子供さんは、乳歯の時から、ガタガタの子が多くなってきなたぁと感じました。

遺伝や環境因子が影響しているので、残念ながら、自然ときれいな歯並びになれる子は、、2~3割です。

ですから、たいていのお子さんは、矯正が必要ということになります。

昔は、ちょっと八重歯がかわいいとか、、、ありましたが、今は芸能人の方をみてもわかるように、きれいな歯並びの方が可愛いです。

もちろん、男の子だってきれいな歯並びの方がかっこいいですね。

どんな歯並びなら、歯医者へ行った方がよいのか?

受け口 (下の歯が上の歯より前にある)         早めの受診をおすすめします。話し方や、食べ方に影響が出ます。

叢生  (まだ全部乳歯なのに、ガタガタがある。)    きづいたら、歯医者さんでみてもらいましょう。早い子は5歳ぐらいからあごを広げていきます。

出っ歯 (上の歯がかなり下の歯より前にある)      どうしても前に歯が出ているので、こけたりすると前歯を打ってしまう子が多いです。奥歯を後ろにさせる装置を使ったりします。

全部乳歯で隙間がない                  大人になってきれいに並ぶ歯並びは 乳歯列の時 すきっ歯です。

どれに分類されるのか?どうなっているか?わからない方は、歯医者さんでみてもらいましょう。

乳歯だからってほっておかないでくださいね。

こどもだからできる矯正があります。

こどもの成長を利用しておこなう矯正です。

おとなになって、歯を抜かずに矯正できたり、二期治療をしなくて済む場合があります。

こどもん歯並びが気になったら、箕面市のますの歯科・矯正歯科にご相談ください。

矯正認定医の女性医院長が、お話をお伺いいたします。

関連記事

  1. 子ども笑顔

    フッ素で、虫歯って予防できますか?

  2. 歯ブラシ

    歯が動いて痛いんです。抜かないとだめですか?

  3. 金属アレルギーなんですが、歯の治療できますか?

  4. 矯正装置

    口呼吸してませんか?

  5. 甘いもの 箕面市ますの歯科・矯正歯科

    こどもが虫歯になりやすい場所ってあるのですか?

  6. 小学生には 仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

院長ブログ

  1. 夏の水遊び 矯正するこども
  2. 噛む
  3. 口腔乾燥症
  4. こどもの笑顔 箕面市の歯医者
  5. 甘いもの 箕面市ますの歯科・矯正歯科